Columnコラム
PMU渋谷

メイクが汗で取れてしまう前に!夏こそやりたいアートメイク

2022.07.01

暑い日も続き、私は外に出るたび汗が止まりませんね。

そんな時、「アートメイクしていて良かった」と思います。

眉毛が取れて “the すっぴん” ということにはならないからです。

例えアイメイクやファンデーションが取れても、眉毛があればそれなりに見えます。

暑くて汗で取れてしまったり、プールや海など水辺で目一杯遊んでも、可愛くいるための必需品・アートメイクについてお伝えしようと思います。

夏って眉毛が無くなりませんか?

こんにちは、松野です。

今年は梅雨明けが記録的に早かったですね。暑い日も続き、私は外に出るたび汗が止まりません!

そんな時、「アートメイクしていて良かった」と思います。

眉毛が取れて “the すっぴん” ということにはならないからです。

例えアイメイクやファンデーションが取れても、眉毛があればそれなりに見えます。

暑くて汗で取れてしまったり、プールや海など水辺で目一杯遊んでも、可愛くいるための必需品・アートメイクについてお伝えしようと思います。

夏のアートメイクのメリット・デメリット

【メリット】

①汗で濡れても擦っても落ちない

②すっぴんでも可愛い

③ジムやプール、海などでメイクが取れる心配がない

④すっぴんとのギャップが小さくなる

⑤メイク直しの必要が無い

⑥自分に似合う綺麗な眉になれる

⑦メイクの時短になる

など多くのメリットがあります。

お友達とプールや海、フェスなどで思いっきりはしゃぎたい時に、顔が濡れないように気をつける必要性も無く、何度もメイク直しをしなくて済みます。

眉を気にせず、その時間をしっかり楽しみたいですよね。

また、旅行などの時もすっぴんとのギャップが少なくなる事で、自分に自信が持てます。

毎日一から眉をメイクすると、時間がかかります。それをこれから毎日繰り返していくと、沢山の時間を費やすことになりますが、アートメイクで綺麗な眉をベースにすることでメイクの時間を短くすることが出来ます。

余った時間を、他のことに費やす事が出来るというのも、アートメイクの良い所だと思います。

【デメリット】

①一度入れてしまうと、中々消えない

②消したい時はレーザーか除去剤が必要。そしてそれには時間もお金もかかり、皮膚にも負担がかかる

③オーバーなデザインで入れてしまうと、後にデザインを変えられない

④1週間のダウンタイム中は、海やプール、温泉などを控えて頂く必要がある

⑤1週間は軟膏を塗るので眉がテカテカする

⑥施術して1週間ほどは濃く感じる

⑦定着を良くするため、なるべく紫外線を避ける

などが挙げられます。

今は夏なので、屋外にいる場合は帽子などでなるべく紫外線に直接当たらないよう対策が必要ですね。

夏ならではのイベントも、アートメイクの施術をする場合、1週間空けるなど考慮した方が良いので気をつけてください^^

アートメイクで失敗しないためのクリニック選び

アートメイク施術を行っているクリニック・アーティストが増え、身近な施術となってきてるアートメイク。

どこで施術しても同じだと思っていませんか?

安さからクリニック選びを間違えてしまうと、取り返しのつかない事になる事も。

実際に、他院で施術された方が困って当院に来られる事もしばしば。

滲み、長過ぎる、太過ぎる、濃すぎる など修正が難しいケースも多くあります。

一度入れると消えないものだからこそ、後悔しないアートメイクをするために、大切なポイントを紹介したいと思います。

【クリニック選びのポイント】

○アフターフォローの体制が整っていること

○安全性について根拠を持った説明・カウンセリングができること

○アーティストの技術レベルの高さ

○デザイン力

などがあります。

アートメイクの定着は肌質、生活習慣、アフターケアの良し悪し、技術力によって左右されます。

また施術直後のみの綺麗さだけでなく、その後の経過や定期的なメンテナンスも視野に入れて施術を行なっています。

眉はその人の印象を大きく左右します。

安さなどから安易に選んでしまうと、後悔に繋がる事にもなり兼ねません。

大切なお顔だからこそ、よく検討して選んで頂きたいと思います。

PMU渋谷では、無料カウンセリングも行なっております。

施術をするか迷っているけど話を聞いてみたい方は、是非こちらをご利用してみてくださいね^^

――――――――――――――――――

PMU渋谷(渋谷の森クリニック内)

東京都渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4F

10:00~19:00 休診日なし

☎03-6427-7350

✉pmu.shibuya@gmail.com

――――――――――――――――――