Columnコラム
PMU渋谷

アートメイクをする前に注意すべき事

2021.09.25

アートメイクの施術はどんな事をするの?

こんにちは!松野です。すっかり秋めいてきましたね。紫外線も落ち着いて、アートメイクにおすすめな季節です。

アートメイクとは専用の針に色素を付けて、皮膚の浅い層(真皮上層部)に、回数を重ねて染色していく施術です。ナチュラルにメイク感が出たり、自然な眉が手に入るという事で、今巷でとっても大人気な美容施術です。

●すっぴんに自信がない

●眉が薄い・生えない

●綺麗な形がわからない

●目力が欲しい

●唇に血色がない

などのお悩みがある方にはぴったりの施術です。

目立つようなダウンタイムもあまり無く、1度入れてしまえばメンテナンスは1〜2年に1度で良いので、若い方からシニア層まで幅広い年代に需要のある施術です。

一方でアートメイクをするにあたって、事前に患者様に気をつけていただきたい事があります。アートメイクの良さを最大限に引き出すために重要です。意外と知られていない事もありますので、是非ご覧頂ければと思います。

アートメイク施術前に気を付けたいこと

【共通】

○金属アレルギーはありませんか?

→当院で扱っている色素は極微量に金属が含まれています。金属アレルギーお持ちの方は、一度パッチテストを受ける事を推奨します。

○他院で受けた美容施術・美容整形がある場合は申告を

→美容施術の内容によっては、アートメイクをする期間を空けた方が良い場合もありますので、一度ご相談ください。

○血液をサラサラにするお薬を内服中の方や、妊娠・授乳中の方はご予約前に必ずご相談下さい。

【眉】

○事前に眉を剃ったり抜いたりしなくて大丈夫です

→自眉が生えている部分を確認しながら、自眉を生かしてデザインします。本来眉毛が生える場所でない所にアートメイクをすると、どうしても違和感がでてしまいます。また、元々自眉が生えてこない方でも、経験の積んだアーティストが骨格等見ながらデザインしますのでご安心くださいね。

○当日メイクはしてきて下さい

→普段のメイクをしてきていただくと、その方の雰囲気や系統がなんとなく掴めますので、お願いいたします。ただ、自分のメイクが似合っているのかわからないという方でも、しっかりと希望を聞いて理想の形にデザインいたします。

○事前に眉脱色やカラーリングをする場所は2週間前までに

→脱色等は皮膚に負担をかけますので、アートメイク後炎症などのトラブルになりかねません。2週間は空けましょう。

○ティントは控えてください

→ティントされるとデザインや施術後の仕上がりに影響しますので、落としてから来院して下さい。

【アイライン】

○まつ毛エクステ・つけまつげは外してきて下さい

→施術中、針にエクステが絡まってしまい、自睫毛が抜けてしまったり施術自体が難しくなります。

○コンタクトを外しますので、コンタクトケース・メガネをご持参ください

→施術中は目の周囲をしっかり固定しますので、コンタクトが外れたり目が傷ついてしまう事があります。施術後はメガネでのご帰宅をお願いしています。

【リップ】

⚪︎唇は乾燥や荒れの無い状態でご来院下さい

→荒れていたり乾燥していると色素が入りづらいので、リップアートメイクをすると決まったら毎日保湿をしっかりお願いいたします。

⚪︎眉同様、ティントは仕上がりに影響しますのでお控えください。

アートメイクに対する疑問や不安はお気軽にお尋ね下さい

「これっていいのかな?」「こういう場合は大丈夫?」など、疑問があればお電話でもメールでも承ります。

事前に無料カウンセリングだけする事もできますので、もし心配事などあればカウンセリングで伺う事も可能です。

どうぞお気軽にお問い合わせください♪