Artmake Column

花粉症でもしっかりアイメイクしたい!安心できるメイク法とは?

PMUアートメイク編集部

花粉症のシーズンになると、アイメイクが崩れやすくなりませんか?涙でメイクが落ちるし、しっかりメイクすると皮膚に負担がかかりそう。

そんな方におすすめのアイメイクをご紹介します。

目元がかゆくてアイメイクすらできないという方も、ぜひ確認してみてください。

 

花粉は1年中?目がかゆいのは春だけじゃない!

花粉症は多くの花が咲く春先ばかりが注目されがちですが、意外にも1年中続く方もめずらしくありません。

たとえば関東ではスギが10月から5月の終わりに飛散し、3月4月にピークを迎えます。

イネ科ならば3月中旬から10月終わりまで。5月がピークになりますが、想像していたよりも長く感じるでしょう。

住む地域や体質によって異なりますが、無意識に目をこする期間は意外と長いののかもしれません。

 

花粉症でも安心できるアイメイクとは?

花粉症で目元のメイクがよれてしまうという方に、オススメのアイメイクをご紹介します。

まず、アイシャドウは淡いカラーをセレクトすること。よれにくく肌にフィットしやすいクリームシャドウや、アイシャドウの持ちをよくするアイシャドウベースを塗るのもおすすめです。

アイライナーは、粘膜に色をのせないこと。目尻のみ、黒目の上のみと、ポイントを押さえる程度に留めましょう。

マスカラも同様に、目のキワは避けて塗る。色がにじまないクリアマスカラを重ね、しっかりとコーティングしておきましょう。

もちろん症状がひどい時や皮膚に違和感があるときには、メイクを避けるよう注意してください。

 

アートメイクで消えないアイラインを入れる方法

アイラインをしっかり引かないと、自信が持てない。メイクした気分にならないという方は、アートメイクを施すことも検討してみてください。

アートメイクでラインを入れてしまえば、アイライナーを引く必要がなくなります。花粉の時期が来ても安心ですし、毎日のメイクによる摩擦でデリケートな目元の皮膚に負担をかける心配もなくなります。

症状が落ち着いたときに、クリニックにて相談してみてください。アートメイクは医療行為のため、適切なカウンセリングを受けたうえで、安全な施術が受けられます。

 

まとめ

アートメイクは1年ごとにメンテナンスをおこなえば、キレイな状態をキープできるもの。症状が治まる時期を見計らって施術しておけば、メイクしなくても美しい目元の印象を保てるでしょう。

ぜひ安全なクリニックにて、施術について相談してみましょう。