Artmake Column

夏のメイクどうする?崩れないベースメイクと落ちない眉メイクのコツ

PMUアートメイク編集部

夏はせっかくメイクしても、大量の汗と皮脂でまたたく間にメイクが崩れてしまうもの。長時間キレイな状態をキープするベースメイクの方法をご紹介しますので、ぜひ今年はマスターしてくださいね。

また、落ちない眉メイクのコツについても覚えておきましょう。

 

基本はスキンケアから!崩れないベースメイクのコツ

汗で顔がベタベタするという方、スキンケアが不十分なのかもしれません。水分や油分が不足していると、肌が汗や皮脂を出して補おうとします。過剰な皮脂で顔はベタベタになり、メイクが崩れるように。

暑い夏でもスキンケアをしっかりとおこない、うるおいあふれる顔に整えておきましょう。

朝はスキンケアがなじんでから、化粧下地を塗るようにしてください。軽くティッシュオフして余分な油分を吸わせたら、ファンデを重ねてフェイスパウダーで仕上げること。

パウダーが皮脂を吸ってサラサラな状態をキープしてくれるため、ぜひファンデの後に重ねておきましょう。

 

消えない眉毛は自分で作れる!

フェイスパウダーを重ねる際には、眉毛にも重ねておきましょう。パウダーが皮脂を吸着し、アイブロウが崩れにくくなります。
眉尻が消えやすい方はウォータープルーフのアイブロウを使用し、汗や皮脂によるにじみをブロックしましょう。仕上げにメイクした眉をキープしてくれるアイブロウコートを使えば、眉がコーティングされて消えにくいように。
ひと手間で長時間消えにくくなるため、便利なアイテムを取り入れながらメイクしてみてください。

 

汗にも皮脂にも負けないアートメイク

消えないメイクアイテムを使用したいけれど、手間がかかって困るという方もいますよね。そんな方は、アートメイクを施すという方法を取り入れてみてください。
アートメイクは皮膚に色素を入れるため、洗顔しても消えません。汗にも皮脂にも強いため、猛暑でもキレイな眉をキープします。
眉を描く手間を省く分、スキンケアとベースメイクに時間をかけられるもの。夏でも清潔感のある爽やかなメイクを心掛けたい方は、安全な医療機関で施術できるアートメイクを試してみてください。

 

まとめ

消えない眉毛を作るメイク方法は便利な反面、クレンジング時には少々手間がかかるもの。落ちにくかったり、ゴシゴシこすって負担をかけたりするのが心配な方は、アートメイクの方が便利かもしれません。
夏の眉メイクにお困りの方は、アートメイクについて検討してみてくださいね。