-column-

コラム

PMU渋谷

アートメイク後のMRI検査は安全か? ①


MRI検査でアートメイクは注意すべきとされています。

今回はアートメイク研究の第一人者の冨田祥一先生に
アートメイク後のMRI検査は安全性について伺いました。

2回に渡ってお伝えしたいと思います。



MRI検査で人体に影響しうる3つの作用

MRIは磁場を用いて体の内部の状態を撮影する方法です。
放射腺を用いないため、侵襲の少ない方法といえます。

中でもMRI検査は人体に影響しうる以下3つの作用があります。

1. 静磁場
2. 傾斜磁場
3. RFパルス

ひとつひとつ解説していきます。



1.静磁場

静磁場は磁石によってモノを引き寄せる力があります。

過去にMRI検査室に誤って酸素ボンベや点滴棒などを
持ち込んでしまった事故がありました。

アートメイクに用いられる色素には
微量ではありますが金蔵が含まれます。

中でも黒い酸化鉄は磁性があり、磁石に惹きつけられます。

幼いころ砂場で磁石を用いて砂鉄を集めたこと
思い出していただけるとイメージしやすいと思います。

磁石に引き寄せられる力はそのものの種類と大きさに比例しています。
すなわち同じ酸化鉄でも微量であれば、引き寄せられる力も軽微であると言えます。

0.01mgの単位まで計測できる電子天秤を用いて
一般的なアートメイク(眉、アイライン、リップ、乳輪部)へ
施術した際に皮膚へ入る色素の重さは米ひと粒に満たないことが
報告されています。(2014年日本形成外科基礎学会)

すなわち、アートメイク部はMRI検査時に
静磁場から受ける影響は非常に小さいと言えます。



2.傾斜磁場

MRI検査では磁場を規則的に傾けることによって
体内からの信号を引き出しています。

磁場を傾けることを傾斜磁場といいます。

MRI検査時に、グワングワンとうるさいのはそのためです。
音の度に磁場の傾きが変化しています。
これは耳栓やヘッドフォンなどで対策します。

また非常に軽微ですが、ピリピリとした神経刺激を来す可能性があります。

すなわち、傾斜磁場による影響は
アートメイク特有のものではありません。

さらに臨床で用いられているMRI装置では
大きな影響を及ぼすことがないと言えます。



第1回目の今回は、アートメイクがMRI検査より受ける影響の中で、
「静磁場」と「傾斜磁場」について詳しく伺いました。

第2回目は3つめの「RFパルス」による影響について伺いたいと思います。


=====================================================

冨田祥一先生

がん・感染症センター 都立駒込病院形成再建外科
東京慈恵会医科大学形成外科学講座 講師

乳房再建を専門とする形成外科専門医。
アートメイクに関する多数の学会発表・論文執筆を行う。

=====================================================

アートメイクに関する代表論文

1. 乳輪乳頭部へのアートメイクのMRI検査における安全性(第1報)
retrospectiveな検討. 形成外科. 2015. 58巻5号. 549−554.
2. 乳輪乳頭部へのアートメイクのMRI検査における安全性(第2報) マウス皮膚を用いた形状の検討.Oncoplastic Breast Surgery. 2016; 1巻1号: 20-24.
3. Color change after paramedical pigmentation of the nipple-areola complex. Aesthetic Plastic Surgery. 2018; 42(3): 656-661.
4. Multifaceted evaluation of Ultra-high-field 9.4-T magnetic resonance imaging after inorganic tattoos: An Animal Study. JMA Journal. 2019; 2(2): 155-163.
5. A Survey on the safety of and patient satisfaction after nipple- areola tattooing. Aesthetic Plastic Surgery. 2020; Online a head of print.
6.Complications with permanent makeup procedures on eyebrow and eyeline. Medicine. 2021; 100(18): pe25755.

最新記事

PMU 本体へ

PMU 渋谷へ