Artmake column

第6回 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

PMU渋谷 冨田医師発表

第6回 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 2018/9/20-21 東京

PMU渋谷の冨田祥一医師が
「乳輪乳頭へのパラメディカルピグメンテーションの安全性と満足度」を発表しました。

乳房再建の最後の仕上げとしての乳頭乳輪再建法には様々な方法があります。
中でも医療アートメイク(パラメディカルピグメンテーション)が注目されています。

アートメイクは医療行為とされながらも、自費診療のため、経済的負担が問題となります。
しかし、ドナーを必要とせず、形や位置、色を調整できるといった利点があります。

一方でパラメディカルピグメンテーションの安全性や満足度に関する調査は少なく、
本研究では、乳頭乳輪へパラメディカルピグメンテーションを施行した45症例に対して
合併症と満足度を調査報告しました。

感染、アレルギー、肉芽腫、苔癬様反応といった合併症を来した症例はありませんでした。
満足度は5段階評価で平均4.4±0.6と高く、
施術によって入浴・温泉、趣味、精神面など、生活の質の向上につながっていました。

乳房再建の最後の仕上げとも言える乳輪乳頭へのパラメディカルピグメンテーションは、
安全かつ満足度の高い施術であると言えました。


PMUアートメイクジャパンとは、
確かな技術、医師主導で安心・安全にアートメイクを受けることのできるクリニックです。

お近くのPMUアートメイクジャパン登録クリニックはこちらから。↓

PMU MEMBER

加盟院一覧

Copyright © PMU. All Rights Reserved.