Artmake column

第5回 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会

PMU渋谷 冨田医師発表

第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会 2017/9/21-22 東京

PMU渋谷の形成外科専門医、再建・マイクロサージャリー専門医の冨田祥一医師が
「乳輪乳頭部へのパラメディカルピグメンテーション後のMRI検査に関する共同研究」を発表しました。


乳輪乳頭再建は乳房再建における仕上げとも言えるプロセスです。

乳輪乳頭の再建方法には様々な方法がありますが、
局所皮弁と、医療補助アートメイク(パラメディカルピグメンテーション)を併用した方法は、
ドナーを必要とせず、色調を調整できるという利点があります。


一方アートメイクに用いられる色素は微量の金属を含むため、
MRI検査により発熱し、時に熱傷を起こす可能性が危惧されています。

今回MRI検査時の熱傷リスクに関して共同研究を行い、報告した。


医療補助アートメイクは乳癌治療にとって
なくてはなくてはならないものになりつつあります。


安心、安全なアートメイクをご提供するため、
PMUアートメイクジャパンでは引き続き研究・報告を行っていきます。


PMUアートメイクジャパンとは、
確かな技術、医師主導で安心・安全にアートメイクを受けることのできるクリニックです。

お近くのPMUアートメイクジャパン登録クリニックはこちらから。↓

PMU MEMBER

加盟院一覧

Copyright © PMU. All Rights Reserved.