-column-

コラム

PMU渋谷

アートメイクの色素と安全性


Beautiful face forever 新しく色素を導入します

新しく色素を導入することになりました

こんにちは。
この度、当院で新たな色素を導入することになりました。

今までは「Bio touch(無機顔料メイン)」の色素を使用していましたが、
今回導入する色素は「Beautiful face forever(有機顔料メイン)」
というブランドの色素になります。

ロシアに自社工場のある会社で、
日本でも多くのクリニックが扱っている色素です。

PMU渋谷では、「技術力」「デザイン力」「安全性」の
3点を大切に施術を行っています。

新しい色素の導入にあたり「安全性」の面で
とても慎重に導入を検討していました。

「Beautiful face forever」の導入にあたり
まずはアートメイクの色素に関する説明をさせて頂きます。

アートメイクで使われる色素の種類

アートメイクで使用する色素は大きく2つに分類できます。

有機顔料:Organic pigment
無機顔料:Inoeganic pigment

有機顔料は、アゾ化合物と呼ばれる物質で、
石油や植物などから合成されたものです。

発色が良く鮮やかで、時間が経っても変色しにくい特徴があり
とても綺麗な仕上がりが魅力的です。

過去にアレルギーの報告がありますが、
有機顔料の何の成分かまでは不透明な部分も多く、
安全性の評価が難しい点がデメリットでとされています。


無機顔料は、さらに天然鉱物顔料と合成無機顔料に分けられます。

酸化鉄やチタン、鉱物などから作られるもので、
化粧品などにも使われる馴染みの深い成分です。

発色は有機物より劣り、成分によっては時間が経つと変色します。
眉が時間の経過とともに、赤、オレンジ色に抜けていく理由のひとつです。

合成無機顔料の金属成分が含まれていると、
MRI時の火傷のリスクが懸念されています。


つまり、仕上がりだけを考えると
有機顔料(Organic pigment)は非常に魅力的ですが
アレルギーの安全性評価が難しい点を懸念していました。

その反面、無機顔料(Inorganic pigment)のリスクである
MRI時の火傷については、冨田先生が様々な研究を通じて安全性を確認し
学会や論文でその安全性について発表を行っています。

そのため、私たちはより安全であると思われた
無機顔料(Inorganic pigment)である「Bio touch」の色素を選択し
開院当初よりその安全性の研究を行いながら使用してきました。

そして、その成果は雑誌「Medicine」に掲載されました。

【Complications of permanent makeup procedures for the eyebrow and eyeline. Medicine. 2021;100(18):e25755.】


もちろん、無機顔料(Inorganic pigment)に
アレルギーのリスクが全くないわけではありません。

なので、さらにクリニック独自のアンケート調査を実施し
安全性について日々研究を行っています。

有機顔料でないと難しい仕上がりの壁

これまで無機顔料(Inorganic pigment)の色素を使用してきましたが
症例数が増えていくにつれて、有機顔料の色素でないと達成できない
仕上がりの壁に直面することが増えてきました。

「有機顔料の発色の良さなら肌への侵襲(キズ)が少ないため
ダウンタイムも少なく色を入れていくことができる」

「有機顔料なら使える色のバリエーションが増える」

「有機顔料なら変色で積極的に勧められなかった施術を勧めることができる」

などなど…

色素の壁によって患者様の希望を叶えられない
技術が向上しないという事態に直面することもありました。

しかし、安全性を確認できない色素を扱うことは出来ません。

院長森先生や冨田先生、看護師とで時間をかけて話し合った結果
色素の成分を確認し、よく精査した上で導入を検討することになりました。

「Beautiful face forever」に決めた理由

そしてこの度、Beautiful face foreverの
色素を導入することになりました。

Beautiful face foreverに決めた理由は
・海外や日本で広く使用されていますが大きなリスク報告がないこと
・色素ごとに詳細にまとめられていた成分表を提示してくれたこと
・過去の論文で発表されているアレルギー報告が多い成分が入っていないこと

そして、発色が綺麗でカラーバリエーションが豊富です。

発色が良い、つまりキズを少なく色を入れることが出来るため
直後の濃さや皮むけなどのダウンタイムもより少なく
感じて頂けるのではないかと思っています。

そして直後は綺麗でも
退色時の変色を考慮して使用を避けていたカラーも
使用していけるのではないかと感じています。

「Bio touch」の色素同様に
「Beautiful face forever」の色素の安全性も
より確信に近いものにするため引き続きアレルギー含めた
合併症調査を継続し、データとしてまとめていきます。

アートメイクは、全世界、タトゥーも含めると
大多数の人が受けている施術ですがアレルギーが起こる確率は
高いものではないと考えています。

なので、ここまで安全性を確認しているクリニックは
多くないのではないかと思いますが、
これからも安全性を第一に仕上がりの綺麗さも
追求するグループとして精進していきたいと考えています。

いずれにしても当院ではこれまで
現段階で色素によるアレルギー等のトラブルはありません。

安心してご来院ください^^

―――――――――――――――――――――――――

PMU渋谷(渋谷の森クリニック内)

東京都渋谷区神宮前6-18-1クレインズパーク4F
10:00~19:00 休診日なし

☎03-6427-7350
✉pmu.shibuya@gmail.com

―――――――――――――――――――――――――

雑誌「Medicine」掲載論文

1. Complications of permanent makeup procedures for the eyebrow and eyeline. Medicine. 2021;100(18):e25755.

最新記事

PMU 本体へ

PMU 渋谷へ