Artmake Column

アートメイクで濃い眉になった人に朗報!ナチュラル眉になれる最新技術

PMUアートメイク編集部

アートメイクを経験したことがあるけれど、濃い眉になって失敗したという方に、
最新のアートメイク技術をご紹介します。

濃い眉を修正する方法や、濃い眉毛にならないための対処法を知っておきましょう。

昔のアートメイクと違う!4D眉ってなに?

一昔前のアートメイクは、「眉毛の薄い人が濃くするために受ける施術」
という認識が一般的だったかもしれません。

メイクを落としても眉毛がある状態にしたい。
プールや海水浴でも消えない眉毛が欲しい。

そんなシンプルな希望に応える施術が多かったはず。

ですが、現代ではデザイン性にこだわり、よりナチュラルな眉毛が提供されるようになりました。

自然に生えている眉毛のように、毛並みの立体感が感じられるように。

自眉毛が薄くても、従来の2Dや3Dを組み合わせた4Dによって、従来とは違った眉毛を体感できるでしょう。

以前アートメイクで不自然な濃い眉になったという方は、クリニックサイトにある4Dによる施術写真をご覧ください。

アートメイクで大失敗!濃いまゆ毛は修正できる?

「アートメイクで入れた色が濃すぎて失敗した!」
「形が自分の顔に似合わない」
メイクや前髪で懸命にカバーしているという方、アートメイクはクリニックならば除去できます。

もちろん施術をおこなったところではなく、別のクリニックでも対応可能。

変色や太すぎる眉に悩んでいるかたは、カウンセリングを受けてみましょう。

単純にレーザーを照射して除去するクリニックもありますが、
満足できない結果に終わることもあります。

実際にどのような除去がいいのかは、しっかりと診察しなければ分からないもの。

アートメイクで失敗されたという方は、ぜひPMUアートメイクジャパン登録クリニックにて、カウンセリングを受けてみてください。

アートメイクで濃い眉にならないための対処法

薄い眉ならばメイクで調整できますが、濃い眉になってしまうと、自分では対処できません。

アートメイクをお考えなら、まずはクリニックの施術写真をしっかりと確認しておきましょう。

2D・3D・4Dに対応していること、経験豊富なアートメイクアーティストが在籍していることを目安にしてみてください。

さらにカウンセリングにて、アートメイクの特徴や基本の知識についても確かめておきましょう。

まとめ

濃い眉は嫌だからアートメイクはあきらめていたという方、濃くされて困ったという方はぜひ、施術例の写真をチェックしてみてください。

アートメイクについて不明点があれば、カウンセリングにて確認してみましょう。