Artmake Column

カラーメイクが苦手な人におすすめ!好きな色を取り入れるコツとは?

PMUアートメイク編集部

「アイシャドウやチーク、リップにカラーをいれると違和感がある」
「好きなカラーや推しのカラーを使いたいけれど、似合わない」

カラフルなメイクアイテムを見るたび、使い方に悩んでしまったことはありませんか?

カラーメイクが苦手な人でも好きな色が楽しめる、簡単な方法をチェックしてみましょう!

まつ毛やアイラインにカラーを入れる

もしもカラーメイクが難しいと感じた際には、
面積の小さな箇所にカラーを施してみてください。

おすすめは、まつ毛・アイラインの3か所です。

3か所すべてにカラーをいれるのではなく、どこか1つに絞ってみましょう。

たとえば個性の強いパープルも、細いアイライナーで入れれば上品で華やかな顔立ちに。

意外となじみがいいのに印象的な目元になるため、太さを調整しながら試してみてください。

カラーマスカラは個性が出るため、マンネリメイクに飽きたときにぜひ試してみましょう!

近くで見れば鮮やかでも、遠目には分からないもの。

初心者は肌になじみやすい、ボルドーやオレンジから始めてみるのがおすすめです。

カラーメイクは眉とも相性がいい!

まつ毛とアイラインに色を入れる他に、
最近では眉毛にカラーをのせる「カラー眉」もトレンドとして人気を集めています。

カラー眉といっても眉毛全体を鮮やかに染めてしまうのではなく、
カラーパウダーを重ねてニュアンスを変えるだけ。

ピンクならば、どこか優し気な印象に。

オレンジならばヘルシーで明るい印象に仕上がるでしょう。

くすみのあるカーキならば明るくなり過ぎないから初心者でも使いやすく、大人っぽい眉が完成します。

カラーアイテムはアイブロウパウダーを使用してもいいですし、手持ちのアイシャドウやチークを使ってもOK!

ブラシでフワっと重ね、色が目立ち過ぎたらブラウンのアイブロウパウダーを重ねてなじませましょう。

いつもとは違う、ほんのりとした変化を楽しんでみてください。

まとめ

カラーメイクが苦手という方でも、眉やアイラインなら気軽に色を楽しめることができるでしょう。

「カラー眉を試してみたいけれど、自眉が悪目立ちしそう」
と心配な方は、ぜひアートメイクで眉を整えてみてください。

パウダーを重ねるだけで済むため、その日の気分やコーデによって簡単にイメチェンを楽しめます♪

もっとカラーを楽しめるよう、眉に自信がない方は検討してみてくださいね。